9/26日はワープロ記念日でした 


こんにちは、くまさんです。

9月26日はワープロ記念日でした

そこで、懐かしのワープロネタです

今は、ワープロといえば、MS-Wordが主流ですが、日本初のワープロは、東芝製だったかな…プリンタと本体とキーボードと画面一式で、社長さんの机位の大きさでした。

で、技術が進んで、小型化して、日本の各電機メーカーがワープロを売り出しました!

東芝のルポ 、シャープの書院、富士通のオアシス(OASYS)、日本電気(NEC)の文豪、JDLも出していました。

中でも、オアシスのキーボード配列は、印刷業界にお勤めしていた方は、よくご存知だとおもいますが、親指シフトといい、今でも残っています。

さらに、初期の家庭用ワープロは、今のように自動変換などありませんでした、

液晶も一行表示で、郵便番号の辞書など無く、漢字変換は単漢字変換、印刷はインクリボンか、感熱紙でした。

データの保存方法は、今では信じられないかもしれませんが、カセットテープでした!

カセットデッキは、自宅のカセットレコーダーにワープロ本体に付属のケーブルをつなぐか、別売の専用のカセットレコーダーを買ってきてつないでいました。