東北の瓦礫をそのままにするよりも...


東北には炭鉱跡地やセメント跡地の立坑のこってませんか?

東北の山奥にある炭鉱跡地やセメント跡地の個人所有地を買い取って。

その立坑に収めてしまってはいかがですか?

 

町中の瓦礫をそのままにしておいたら、ケガの元だけでなく、

腐った木材が原因で破傷風にならないとは限りません。

 

一時的にトロッコなり鉄道を引くのも手ではないでしょうか?

JRの機材と、地元の男性陣の力をあわせて、まずは早く処理してください。

放射能のあるものは、そのままいれちゃ駄目ですよ!

 

「東北の瓦礫をそのままにするよりも...」への1件のフィードバック

  1. あなたと橋本 勝己さん、青山 愛さん、今井 真紀さん、他7人が「いいね!」と言っています。
    初澤 弘文 海にも近くて
    大きな穴
    使っていなくて
    放棄された場所
    誰も来ない場所!
    木曜日16:29 · いいね! · 1人

    Sakura Enomoto かつて戦前の東京都心は、川が流れていました。
    それが東京大空襲のあと、そのがれきで川を埋め立ててしまったのです。
    時の要請、当時はそうするしか方法がなかったと言えばそれまでですが、川を残していれば、景観やヒートアイランド防止といった、環境面でのメリットはあったかと思います。
    それでこの案件ですが、どうなのでしょう。
    輸送するためのカネ、モノ、ヒトを上手く案分して成功するといいですね。
    木曜日18:27 · いいね!を取り消す · 1人
    初澤 弘文 さくらさん ええ、街を復興させる作業は進んでいます、仙台などでは瓦礫の分別作業もすすんでいます。ただし、廃棄場所がないので山になっています。その場所だっていつかは満杯になってしまいます。

    不要になったドラム缶に入れ、使わなくなった旧道のトンネルの上から置いて入口を塞ぐいう方法もあります。
    木曜日18:36 · いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください