「キンドル」タグアーカイブ

アマゾンKindleが他の電子出版に勝る点

こんばんわ、くまさんこと著者のはつざわです……

そういえば、私、こういう話し方もできるようになったんでね(^^/

でも、売れてません、サンプルは27冊購入数は3冊うち1冊はamazom.comでした。

で、本題に入りますと、本日(2012/11/21)にフェイスブックにも少し書きましたが、

Kindleが他の電子出版に勝る点

1 個人出版で簡単に本が出せる
(ここで、注意は、必ずしも簡単に沢山売れるではない!ということ、立ち読みしてもらえる感覚や可能性がもっと増えるということです。)

2 あと、紙の出版の様にできるということ、実際アマゾンはそこまで考えています!

3 今のところ、アマゾンは楽天と同じ様に電子書籍と紙の書籍を両方売るつもり…

 

で、新しもの好きの私はそこで、一丁やってやるかと、

なんと試験的に

処女作『くまのレシピ』http://amzn.to/RG7Co1

2冊目『超フェイスブック入門』http://amzn.to/QnQ69T

ダダーっと製作・販売してみました。

 

名前は載せましたがここだけの話、版権は個人のものです。

で、いつつくったのかぁ…さぁ、作家さんも焦るような時間かも、さて、いつでしょうねぇ……(^^;;

くまにもできる超出版入門も書けますね…(^(X)^)/凸

で、最後にご案内!

こんなフェイスブックページも開設中です!

お友達で無い方、いいね!でぜひあなたのお名前お知らせ下さいね!

くまさん(https://www.facebook.com/bear2me)でしたぁ…

更新遅いですが、HPもあり! http://tokyonew.com/facebook/index.htm

Kindle本・超フェイスブック入門

こんにちは くまさんこと 初澤弘文です

アマゾンでキンドルタブレットを購入しなくとも、キンドルビュアーをダウンロードすれば、スマートフォン、タブレット、パソコンでもKindle本を読むことが可能です、是非一度お試しを!

2013-01-07-03S

お約束のKindle本2作目
<300以上ダウンロードされました>

超フェイスブック入門

―フェイスブック友達申請編 (超入門シリーズ)

<自己紹介>ネットでの自己紹介 / 自己紹介が勿体ないです / 友達を欲しい人ちゃんと名前を登録しよう / mixi!のノリで使うと

<友達>1000人の「いいね!」より、1人のリアル友達を作ることは難しい / 見知らぬ方を一方的に友達申請って勿体ない / 知らない人が友達申請をしてきました / こんな人多いですね / 友達は無駄に増やさない / 友達になるって一苦労 / 友達の友達は永遠に他人 / 友達が増えない理由 / 友達になってもらったら真面目に挨拶しよう / 友達リクエスト保留 / 友達申請をしているのに友達になれないってなぜ / 「リクエスト停止」になった方へ再度「リクエスト停止」になる前に / 「リクエスト停止」になった方へ再度「リクエスト停止」になる前に / 何の為にFacebookをしているの / こんな友達リストですか / 友達申請者に要注意 / こんなウォールは要注意 / 偽者に注意

<いいね!・あいさつ>挨拶から始まる会話 / 無駄な事していませんか / どちらのパターンですか

<フィード購読>フィード購読って友達申請希望なの? / フィード購読を使っていますか / フィード購読の最大人数は何人

<アプリ>動画風のアプリに注意 / アプリ招待時の対処方法 / これを読んでもまだ簡単にクリックしますか / アプリの許可にご用心

あとがき

ダウンロードはこちら

2013-01-07-04S

1冊目は
くまのレシピ でした

 

本の買い方と読み方(アマゾンKindle)

アマゾン・キンドルの本の買い方と読み方

本の買い方

クレジットカード決済の場合

1 アマゾンのアカウントを作成(A)

2 本を選択

3 配信先を選択

4 オレンジ色の「1clickで今すぐ買う」を押す

5 代金決済、決済が終わると自動的にクラウドへ保存

☆     ☆     ☆

本の読み方

1 アマゾンKindleまたはKindleのアプリをたちあげる

2 アカウント(A)でログイン

3 クラウドより本のダウンロード

4 本を選択

5 読書開始

自己紹介‐くまさんってどんな人ブログTOPに戻る

電子書籍端末が各社出揃いました

電子書籍端末が各社出揃いました

マイクロソフト:win8 アマゾン:キンドル 楽天:kobo

グーグル:Nexus 7 アップル:iPad mini

さてさて、どうなるやら… iPad mini は、どうなるやら…

ジョブズが小型のiPadを拒んだのはなんか解ります…

グラフィック本は大型 文章は小型 なので、

文庫本とグラフィック本は両立できない?ということなのかも…

人間は小型軽量の方が好きなので… それとも、大きなものには戻れないのか?